このエントリーをはてなブックマークに追加
    visual_01

    1: デボンレックス(茸) [US] 2020/07/04(土) 11:11:48.37 ID:mRQiGSZo0● BE:479913954-2BP(2931)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    中国から帰ってきた公安スパイ、その過酷すぎる人生
    中国に及ばぬ日本の諜報力、協力者は見殺しにされてしまうのか

     中国でスパイ罪により有罪判決を受け服役していた日本人男性が7月1日に刑期満了となり、7月2日に日本に帰国した、とのニュースがもたらされた。

     彼は、公安調査庁の協力者だった。だが、公安調査庁にとって帰国した彼をどう遇すればよいのか、極めて悩ましい問題になっているようだ。

     彼の帰国についてネット上には「中国に洗脳された」「中国のスパイになって帰国した」などといったコメントが数多く投稿されているが、相手が中国だけに、そう受け取ってしまう人がいるのも無理からぬことなのだろう。逆に言えば、それだけ彼がこの5年間、過酷な拘束・服役生活を強いられてきたということだ。

     国内の情報関係者に当たってみると、実はこの事案は、日本の情報当局の中国におけるインテリジェンス(諜報活動)に大変な打撃を与えたという。そこで、ここまで筆者がキャッチしている情報などを含め、今回の釈放と日本の情報当局が直面している問題について見ていきたい。

    「中国にバレた以上、接触すら難しい」

     今回、帰国したのは、神奈川県出身の男性(59)。2015年に、北朝鮮との国境に近い中国東北部・遼寧省丹東で中国当局に拘束され、2018年7月に丹東市中級人民法院にてスパイ罪で有罪になり、懲役5年の判決が下されていた。そして、ついに今年7月1日、刑期満了となり、帰国する運びとなった。

     中国でスパイ罪の服役を終え、日本人が帰国するのはこれが初めてのケースになる。それだけに日本の情報当局にとって男性の扱いは難しいようだ。

     国内の情報機関関係者が言う。

    「すべて洗いざらい中国当局に話したはずで、逆に中国側のスパイになっている可能性もあるので、もう情報源としては使えない。実際のところ、中国にバレた以上は接触すら難しい」

    続く
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61176?page=2

    【恐るべき中国公安のスパイ察知能力…相次ぐ日本人インテリジェンスの逮捕で対中諜報活動が壊滅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    前原中止表明2009.9.17

    1: イエネコ(愛媛県) [US] 2020/07/04(土) 09:45:24.20 ID:FBCRP9MH0● BE:135853815-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    https://www.sankei.com/region/news/150412/rgn1504120041-n1.html
     球磨川の支流、川辺川では国が昭和41年、九州最大級のダム建設計画を打ち出した。
    しかし、「清流が失われる」「無駄な公共事業だ」との批判が高まり、長期間にわたる未着工の末、平成21年9月、前原誠司国土交通相が建設中止を明言した。

    https://www.sankei.com/region/news/190818/rgn1908180017-n1.html
     日本三大急流に数えられる熊本県の球磨川流域で水害が相次いだことを受け、国は昭和41年、支流の川辺川にダムを設ける計画を発表した。
    建設賛成派と環境破壊などを懸念する計画反対派が対立。蒲島郁夫知事は平成20年9月、計画反対を表明した。
    翌21年9月17日、民主党政権の前原誠司国土交通相も中止方針を示した。ダムに代わる治水対策を、国と流域自治体が協議している。

    https://mainichi.jp/articles/20180911/mog/00m/040/007000c
     熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。
    表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。
    ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も残っている。



    関連
    2019/10/13
    【画像】 クソ民主党が建設中止させた八ッ場ダム、再開・完成前の今回さっそく最大級に活躍
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570927543/

    【【悲報】熊本県球磨川 九州最大級のダム計画があったのに民主党政権が中止させてた・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    lif2007040019-p1

    1: イエネコ(愛媛県) [US] 2020/07/04(土) 06:19:57.24 ID:FBCRP9MH0● BE:135853815-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    熊本県と鹿児島県に大雨特別警報 最大級の警戒を

    気象庁は、熊本県や鹿児島県では数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨となっていて、午前4時50分、大雨の特別警報を発表しました。
    5段階の警戒レベルのうち、最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒が必要です。
    気象庁は、周囲の状況を確認し、避難場所までの移動が危険な場合には近くの頑丈な建物に移動したり、
    外に出るのがすでに危険な場合は建物の2階以上で崖や斜面と反対側の部屋に移動したりするなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るよう呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200704/k10012495421000.html

    【【速報】熊本豪雨がヤバすぎる 東京のコロナとかどうでもいいレベル】の続きを読む

    このページのトップヘ